50代の転職成功者が選ぶ転職サイトランキング

面接は適切な場面で適切な口調が必要

ゆっくりはっきり

 どの面接サイトでも、面接中の口調は『ゆっくりはっきり』と記載されているところが大半です。そこに関して間違いは無く、どの面接においても平均点は獲得出来ると考えられます。しかし、逆に言えば『平均点』しか獲得出来ないと考えれば、ゆっくりはっきりが『ベスト』だとは考えにくと言えます。それ以上を獲得する為にも、口調について学ばなければなりません。

全て同じ口調?

 面接官から『あなたの事』を聞かれた時、普通にゆっくりはっきり応対すると思います。では、あなたの志望理由や理念を語って欲しいと言われた場合、『あなたの事』と同じような口調で伝えるのですか?きっとあなたは少し口調が強くなったり、早まったりする筈です。そして、それに気付いた時意識的に『ゆっくりはっきり』に戻そうとするでしょう。

場面で適切な口調を

 面接の数分には色々なドラマがあります。一律平坦なドラマなど存在せず、盛り上がるところは十分に盛り上がり、そうでないところは平坦となっています。面接も同じです。強く推すべき場面では口調をある程度強め、そうでない場面ではゆっくりはっきりで良いのです。常にゆっくりはっきりでは聞いている方も飽き飽きしてしまいます。適切な場面で、適切な口調をチョイスする事が、転職の近道となるのです。